治療器具

歯列矯正で口元を綺麗にみせる|口内の悩みを解決

優良な歯医者選び

歯医者

歯医者というのは1つの地域に多く展開しているもので、埼玉県蕨市にも数多くの歯医者が展開しています。その数ある歯医者の中から優良な歯科医師に治療をしてもらうためには注目すべきポイントがいくつかあるのです。

View Detail

虫歯の症状による治療相場

治療

茨城県茨木市にお住まいの方の中には、虫歯の症状で悩んでいる方が少なからずいるでしょう。まだ我慢できる痛さだからといって歯科医院を受診しなかった場合、その歯を抜く必要がでてくるうえ治療費も高額なものとなってしまうでしょう。

View Detail

矯正治療適齢期

微笑み

矯正歯科において受けることのできる歯列矯正では、自身の歯並びを改善することが可能です。こういった矯正治療を受ける適齢期というのは人によって異なり、歯科医師の診断によって一人一人の治療適齢期が決まります。小さいお子様であった場合、第一期治療と第二期治療に分けて行ないます。
小児歯列矯正治療における第一期治療というのは、前歯と第六臼歯のみが永久歯に生え変わったタイミングに行う矯正治療です。このタイミングはお子様によって異なりますが、大抵の場合として8歳から10歳頃だといわれています。第二期治療については、全ての歯が永久歯に生え変わった際に行なわれます。第二期治療ではブラケットと呼ばれる矯正装置を使用しての治療が行なわれ、全ての歯の位置を調整します。もし、お子様の歯並びの状態が気になった際には早いうちに矯正歯科を受診し、歯科医師に相談してみると良いでしょう。また、適齢期を過ぎてしまった年齡になっても歯列矯正を行うことは可能です。しかし、噛み合わせ等の知識があり、歯列矯正の技術がしっかりある歯科医師の元で治療を受ける必要があります。噛み合わせ等の知識がない歯科医師だった場合には、歯列矯正を施した後に身体バランスを崩してしまう可能性があります。また、しっかりとした技術がなければ矯正器具を外した後、徐々に歯並びが元の状態に戻っていくでしょう。大人になってからの歯列矯正は費用が高額なため、失敗しないためにも技術と知識のある矯正歯科を受診するようにしましょう。

周りに見えない歯列矯正

歯科

社会人になってから歯列矯正を行う際に問題となるのが、矯正器具が周りから見て目立ってしまうといった点です。裏側矯正であれば歯の裏側に矯正器具を取り付けるため周りから見えることがなく、矯正治療を行いながら仕事に従事することができます。

View Detail